放棄地を花畑に 下甑の「子岳何とかし隊」、憩いの場作り

(2019/11/20 20:00)
住民有志が開墾して作った花畑=薩摩川内市下甑町片野浦
 薩摩川内市下甑町片野浦(子岳地区)の有志11人でつくる「子岳何とかし隊」が竹やぶになっていた耕作放棄地を開墾、花畑に再生した。子どもの頃に遊んだ竹製鉄砲にちなみ「ポッカッチー」と名付けられ、この秋初めてコスモスが開花。地区の新たなオアシスとなっている。
(記事全文は21日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)