鹿児島中央駅東口クスノキ、来月から電飾 冬のイメージアップに一役

(2019/11/26 11:00)
イルミネーションの装飾作業が進むクスノキ=20日、鹿児島市中央町
 鹿児島県は12月1日から、鹿児島市のJR鹿児島中央駅東口バスターミナルのクスノキに、初めてイルミネーションを施す。点灯は来年1月13日までで、午後5時~午前0時。
 県かごしまPR課によると、冬の鹿児島のイメージアップや観光客誘致が目的。高さ約20メートルの木の枝に、切り子のカットをイメージした装飾品などを設置。木の周囲からフルカラーLEDライトで照らし、色が自動で切り替わる。初日は点灯カウントダウンとピアノの生演奏がある。
(記事全文は26日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)