豊作願い幻想の神舞 伊佐・湯之尾神社

(2019/11/30 22:00)
元気よく花舞を躍る児童=伊佐市の湯之尾神社
 伊佐市菱刈の湯之尾神社に伝わる神舞(県無形民俗文化財)が23日、奉納された。モミジやイチョウの紅葉が見頃を迎えた境内に太鼓と笛の音が響き、幻想的な舞が繰り広げられた。
 五穀豊穣(ほうじょう)と無病息災を願い、500年以上前に始まったとされる。かつては夜を徹して35番舞っていたが、現在は26番が継承され、今年は18番を奉納した。
(記事全文は12月1日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)