障害者参加の投票啓発で鹿児島の若者組織を表彰 文科相

(2019/11/30 23:00)
県議会議員選挙の啓発チラシを配る山田未空さん(右から2人目)=3月30日、鹿児島市千日町
 障害者の生涯学習を支える団体・個人に贈られる文部科学大臣表彰に、鹿児島高等特別支援学校の生徒が参加するボランティア団体「選挙コンシェルジュ鹿児島」が選ばれた。鹿児島市で選挙の投票啓発に取り組み、障害者の社会参加にも一役買っていることが評価された。表彰式は3日、文科省である。
 同団体は、若者のアイデアを生かして有権者に選挙を身近に感じてもらおうと、2015年の県議会議員選挙を機につくられた。任期は1年。市選挙管理委員会が毎年、市内の高校、大学生約30人に委嘱する。16年からは軽度の知的障害者が通う高特支の生徒も加わった。
投票啓発グッズを手にする山田未空さん(左)と前田蘭さん=鹿児島市の鹿児島高等特別支援学校
(記事全文は12月1日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)