令和の師走、LED12万球がみなと大通り公園照らす 鹿児島

(2019/12/02 06:30)
みなと大通り公園を華やかに彩るイルミネーション=1日午後7時5分、鹿児島市のみなと大通り公園
 令和元年の師走が、1日始まった。鹿児島市のみなと大通り公園では、1992(平成4)年から毎年続くイルミネーションが始まり、往来する家族連れやカップルを黄金色の明かりが照らした。
 白熱電球5万3000球ほどで始まったイルミネーションは年々数を増やし、今年は発光ダイオード(LED)約12万球がケヤキ49本に取り付けられた。
(記事全文は12月2日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)