河野防衛相、馬毛島160億円買収「適正」

(2019/12/04 13:00)
南日本新聞ニュース
 河野太郎防衛相は3日の記者会見で、米軍空母艦載機陸上離着陸訓練(FCLP)候補地になっている西之表市馬毛島を政府が約160億円で買収する大筋合意について、「売買金額は適正なもので行っていく」との方針を示した。
 政府の不動産鑑定額とされる約45億円に対して、合意額が適正かという質問に答えた。
 このほか、現地調査や地元への説明は「所有権移転を手続き中。きちんとした手続きが済むことが大事。先のことは決まっていない」と話すにとどめた。
(記事全文は4日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)