JAC機着陸トラブル 運輸安全委が調査 奄美空港

(2020/01/10 06:30)
JAC機が着陸した滑走路を調べる航空事故調査官ら=奄美市笠利の奄美空港
 喜界島発奄美行きの日本エアコミューター(JAC)3830便ATR42-600が奄美空港(奄美市)に着陸後、滑走路を外れて動けなくなったトラブルで、国土交通省の運輸安全委員会は9日、事故調査官3人を現地に派遣してタイヤ痕や機体などを調べた。10日は鹿児島空港(霧島市)で乗員から話を聞く。
(記事全文は10日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)