春の味覚「新ごぼう」出荷 隼人で出発式

(2020/01/10 22:00)
春の味覚として人気が高い「あいら新ごぼう」=霧島市隼人のJAあいら
 かごしまブランドに認定されている霧島市の「あいら新ごぼう」の収穫が本格化し、出荷出発式が10日、同市隼人のJAあいら本所であった。4月上旬にかけて主に東京へ出荷され、84トン、4400万円の販売を見込む。
 出発式には生産者や市場関係者ら約70人が出席。ごぼう部会会長の藤山武行さん(73)=同市福山=は「安心安全で風味豊かな、おいしい春の味を届けたい」と話した。
(記事全文は11日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)