高校女子サッカー 神村は準優勝

(2020/01/12 16:09)
前半、神村の菊池(14)がシュートを放つ=ノエビアスタジアム神戸
 第28回全日本高校女子サッカー選手権最終日は12日、神戸市のノエビアスタジアム神戸で決勝があり、神村学園(九州第1代表)は0-1で藤枝順心(静岡、東海第2代表)に敗れ、14大会ぶり3度目の優勝はならなかった。
 神村は後半15分に先制を許した。その後はMF菊池、桂らを中心に攻め込んだが、相手の堅い守備に阻まれ得点できなかった。藤枝順心は2大会ぶり4度目の優勝。

(結果詳細は南日本新聞でご覧になれます)

特集「全国高校サッカー選手権」