1万2000人、春ランラン 指宿・菜の花マラソン

(2020/01/13 11:00)
菜の花が彩るコースを一斉にスタートするランナー=指宿市東方
 第39回いぶすき菜の花マラソンが12日、指宿市全域を巡るコースであった。やや肌寒さを感じる天候の中、約1万2000人のランナーが菜の花が咲き誇る南薩路を元気に駆け抜けた。
 スタート時は曇りで気温約10度。選手は同市東方のふれあいプラザなのはな館を午前9時に出発し、池田湖や開聞岳を望むコースを思い思いのペースで進んだ。沿道では、地元住民が拍手と声援で後押し。ボランティアが振る舞った、ソラマメのスープなど特産品がランナーの人気を集めた。
(記事全文は13日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)