自前資料館つくり、地元の魅力発信 屋久島・永田の川崎さん

(2020/01/13 20:00)
「八重岳歴史館」を立ち上げ、各種資料を展示する川崎和彦さん=屋久島町永田
 屋久島町永田の電気管理技術者川崎和彦さん(64)は、郷土資料館「八重岳歴史館」を立ち上げ、永田集落を中心とした島の魅力を発信している。縄文時代から昭和初期まで幅広い年代の約1000点を展示。現在も地域住民の協力をもらい、収集を続ける。
 川崎さんは旧上屋久町役場職員だった頃から、「島の観光を屋久杉だけに頼りすぎではないか」と疑問に感じていた。2006年に早期退職し独立したのを機に、地元の魅力を発掘しようと収集を始めた。新たな観光資源化を狙い、14年ごろから事務所の一角(約165平方メートル)で無料開放している。
 川崎さん=090(1088)0873
(記事全文は14日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)