防衛省が馬毛島調査を再開

(2020/01/22 13:00)
気象データを取得するため調査機材を設置する防衛省の職員ら=西之表市馬毛島
 防衛省は21日、米軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)の移転候補地として、自衛隊基地を整備する方針の西之表市馬毛島で、現地調査を再開した。防衛省調査は国有地化してからは初めて。地形の測量や動植物の生息状況確認、気象データの収集などを断続的に続ける方針。
(記事全文は22日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)