オスプレイ使い陸自移動 熊本で日米共同訓練、27日から霧島でも

(2020/01/23 23:00)
米輸送機オスプレイから機関銃などを手に降り立つ米海兵隊員=熊本県山都町の大矢野原演習場
 陸上自衛隊大矢野原演習場(熊本県山都町)で23日、日米共同訓練の一部が報道陣に公開された。米輸送機MV22オスプレイを使った訓練で、霧島演習場(湧水町、えびの市)でも27日から実施する。鹿児島県内では初のオスプレイが参加する軍事演習となる。
 訓練は「日米合同委員会合意に基づくMV22訓練移転に係る事業」として実施。公開訓練では2機のオスプレイが大矢野原演習場内の約2キロ先から一機20人前後を乗せ2往復し、ヘリモードや固定翼モードで飛行した。
(記事全文は24日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)