農業試験跡の活用探る谷山有志の会発足 鹿児島県の新体育館誘致へ

(2020/01/24 23:00)
県農業試験場跡地の活用を議論するメンバー=鹿児島市の谷山サザンホール
 鹿児島市谷山地区の有志20人が、県の新総合体育館の候補地に挙がった県農業試験場跡地(同市西谷山2丁目)の活用をはじめ、地区のまちづくりを考える会を発足させた。
 名称は「県農業試験場跡地の活用と鹿児島・谷山の未来を考える会」。メンバーは経営者や市議らで、かごしま市商工会谷山支部長の柿元一則さん(74)が会長に就いた。当面は農試跡への誘致に取り組む。
(記事全文は25日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)