骨髄バンク登録を、保護者ら呼び掛け 日置市・児童の白血病きっかけ

(2020/01/25 23:00)
骨髄バンクへの登録を呼び掛ける「りんたろう応援団」のメンバー=日置市吹上
 日置市吹上の伊作小学校の保護者らが、骨髄バンクへのドナー登録を呼び掛けている。昨秋、同小の児童が白血病と診断されたのがきっかけ。「一人でも多くの人に骨髄バンクを知ってもらい、登録してほしい」と協力を求めている。
 2年だった増田倫大朗君は、昨秋、鼻水や耳の下の腫れといった症状があり、血液検査で急性骨髄性白血病と判明した。11月から鹿児島市の鹿児島大学病院に入院し、闘病生活を送る。
(記事全文は26日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)