狙い定めて、浴衣姿で枕投げ熱戦 さつま

(2020/01/26 11:00)
枕を投げ合う参加者=さつま町の鶴田体育館
 枕投げをスポーツとして楽しむ「まくら投げ大会」が19日、さつま町の鶴田体育館であった。町内外の12チームが参戦。全国大会の出場権を懸け、浴衣姿で攻防を繰り広げた。
 1チーム8人で10個の枕を投げ合い、相手の大将か、より多くの選手に当てた方が勝ち。掛け布団で防御もでき、選手たちは敵陣からの攻撃をかわしながら狙いを定めた。
(記事全文は26日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)