3日間連続夏日、天城と与論で1月史上最高気温 奄美地方

(2020/01/26 06:30)
浜辺で水遊びをする子どもたち=25日午後5時5分ごろ、奄美市名瀬の大浜海浜公園
 奄美地方は25日、暖かく湿った空気が流れ込み、天城町と与論町で最高気温25.4度とそれぞれ1月の観測史上最高を記録した。23、24日も奄美市で同25度以上の夏日となり、連日、4月下旬~5月上旬並みの気候となっている。ただこの暖かさは長続きせず、来週から気温が下がる見込みだ。
 奄美市名瀬の大浜海浜公園では25日、近くの病院職員有村裕志さん(43)が小学4年の隼君、同1年の優人君と水遊び。「子どもにせがまれて来た。1月なのにこんなに暑いとは」と驚いていた。
(記事全文は26日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)