新型肺炎でマスク不足 入荷も未定 鹿児島県

(2020/02/02 13:00)
マスクの品切れ状態が続く店頭=鹿児島市のニシムタスカイマーケット鴨池店
 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が懸念される中、鹿児島県内のドラッグストアや量販店では1日、マスクの品切れ状態が続いている。受験シーズンでインフルエンザや花粉症の流行期とも重なり、〝マスク難民〟が続出。客の問い合わせが殺到し、担当者らは「次の入荷も見通せない」と嘆く。
(記事全文は2日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)