ナンコ遊び、外国人と〝国際戦〟 国分

(2020/02/11 13:00)
ナンコ大会で熱戦を繰り広げる外国人たち=霧島市国分
 霧島市内在住の外国人と市民らが交流する「国際親善ナンコ大会」が7日夜、同市国分の飲食店であった。外国人32人を含む68人が、鹿児島伝統の遊びで〝国際戦〟を繰り広げた。
 旧隼人町時代から続く恒例行事で、市国際交流協会が毎年開催している。中国、韓国、英国、米国、ベトナム出身の外国語指導助手(ALT)や市の国際交流員らが参加。焼酎を傍らに、相手の表情や手の形を観察しながら、熱戦を展開した。
(記事全文は11日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)