名建築家のデビュー作公開 15日、さつま

(2020/02/11 20:00)
白い壁と大きな弧を描く屋根が印象的な「ある町医者の記念館」=さつま町求名
 客船「ガンツウ」の設計などで知られる建築家、堀部安嗣(やすし)さん(52)=東京=が手掛けたさつま町求名の建物「ある町医者の記念館」と「南の家」で15日、見学会がある。
 ともに堀部さんの独立デビュー作で、1995年に完成した。地域医療に尽くした前原則知(のりちか)さん(1900~93年)をしのぶ記念館は、白で統一された空間に遺品を展示。隣の「南の家」は県外在住の前原さんの家族が帰省時に過ごす家として建てられた。
 午後1~2時、3~4時。500円。駐車スペースに限りがあり、見学希望者は14日までに同学科鰺坂研究室=099(285)8291=へ申し込む。
(記事全文は12日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)