全105銘柄表示焼酎マップ、風呂敷に 鹿児島県酒造組合とゼンリン

(2020/02/13 11:00)
鹿児島の本格焼酎の代表銘柄を地図に記した風呂敷=鹿児島市の県酒造組合
 地図大手ゼンリンの鹿児島営業所(鹿児島市)は県酒造組合と共同で、県内の蔵元が手掛ける全105代表銘柄のラベルを地図に記した風呂敷を作った。一升瓶や五合瓶を包んで持ち運んだり、壁に飾って楽しんだりしながら、鹿児島の本格焼酎をPRする。販売開始は20日から。
 地図を使った社会貢献を目指すゼンリンが、本格焼酎を発信しようと県酒造組合に提案した。「鹿児島焼酎全圖(ぜんず)」と名付け古地図風に仕上げた。縦横68センチの正方形。県内には114蔵元があるが、複数の蔵で造った酒をブレンドする銘柄もあるため、蔵数と代表銘柄数は一致しない。
 1枚税込み1500円。鹿児島営業所=099(223)0740
(記事全文は13日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)