新型コロナ 冠婚葬祭にも影 鹿児島県内

(2020/03/09 06:30)
新型コロナウイルス対策でこまめに消毒をするスタッフ=鹿児島市のウエディングステーション
 新型コロナウイルスの感染拡大で、鹿児島県内の冠婚葬祭に影響が出始めている。結婚式を延期する動きのほか、参列者の急な欠席対応に追われるカップルも。式を開くべきか頭を抱える人は少なくない。感染すると重篤化する恐れがある高齢者が多く集まる葬儀場では、予防策に知恵を絞る。
(記事全文は9日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)