新型コロナ外来 30施設に増やす 鹿児島県対策会議

(2020/03/09 23:00)
新型コロナウイルスによる感染症の対策について話す鹿児島大学病院感染制御部の川村英樹副部長(右から2人目)=県庁
 鹿児島県は9日、新型コロナウイルス感染症の第4回対策会議を県庁で開いた。感染防護の設備や検査機器が整い、診察が可能な「帰国者・接触者外来」を県内30施設に増やしたことなどを報告した。
(記事全文は10日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)