休校中の家庭巡回 健康や学習状況確認 鹿児島県内小中

(2020/03/12 11:00)
家庭訪問先で児童と保護者にプリントを手渡す野田小学校の石川貴大教諭=出水市野田町下名
 新型コロナウイルスの感染を防ぐため、鹿児島県内の小中学校で臨時休校が続いている。11日で休校期間が10日間となった自治体もあり、保護者からは「子どもが体を動かす機会が少なく、ストレスが心配」との声が上がる。児童生徒の健康状態や学習状況を把握しようと、教諭が家庭訪問をする動きもある。
 県内では2日以降、全ての公立小中学校が順次休校した。出水市の野田小学校では、担任が9~12日に家庭訪問を進めている。
(記事全文は12日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)