子連れ出勤広がる 休校対応で鹿児島県内企業

(2020/03/19 13:00)
子連れ出勤者が利用できるようにした来客用スペースで働く父親と自習する子ども=鹿児島市鴨池新町の富士通鹿児島インフォネット
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う臨時休校のため、鹿児島県内の企業で子連れ出勤に対応する動きが出ている。場所の提供や見守りなど子どもの世話に悩む従業員を支える取り組み。利用者からは「安心して働ける」と歓迎の声が上がる。
 パソコンに向かう父親の傍らで、小学生のきょうだいが宿題に集中していた。富士通鹿児島インフォネット(鹿児島市)の来客用スペース。システムエンジニアの増田精さん(39)は、5年と2年の子どもを伴い出勤した。国語や算数と45分刻みの時間割を作って自習させながら、共働きの妻が迎えに来る午後4時まで過ごした。
(記事全文は19日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)