ここは「極楽」ありがたや 霧島市溝辺にユニーク地名

(2020/03/19 22:00)
 極楽橋に極楽池、極楽バス停も立つ。霧島市溝辺の北部に位置する竹子(たかぜ)地区に、その名も「極楽」という地名の集落がある。小高い丘に囲まれ、中央を網掛川が流れる自然豊かな地域だ。この世も極楽、あの世も極楽-。何とも縁起がいい。
国道沿いの「極楽」バス停。民間路線は廃止されたが、地元の要望でバス停だけは残されている=霧島市溝辺町竹子

 極楽自治会長の岩切正信さん(69)=竹子土地改良区理事長=によると、地名の由来は諸説ある。故人の言い伝えを基に、地域の山菜や木の実を取って食べると、不老長寿になるとされる「極楽伝説」もつくられた。
 極楽の隣は「祝儀園」、霧島市横川との境は「平和」集落。竹子地区には、ご利益がありそうな地名が並ぶ。ああありがたや、ありがたや。
「極楽」をPRしようと立てられた看板=霧島市溝辺町竹子
網掛川に架かる極楽橋=霧島市溝辺町竹子
(記事全文は20日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)