鹿児島県民もふらっと自然体験を 観光連盟がガイド本

(2020/03/20 11:00)
 鹿児島県観光連盟は、観光ガイドブック「休日何する? かごんまさんぽ旅」を刊行した。県外客だけでなく、県民も休日に出掛けたくなるような各地の魅力を紹介している。
 巻頭特集の一つが自然の中のアクティビティー。サイクリングやマリンレジャー、パラグライダーといった各地でできる体験を、写真入りでまとめた。ほかに奄美への船旅、日本遺産に昨年認定された武家屋敷群「麓」、豊富な食材も取り上げている。県内43市町村の情報も収めた。
 作製した1万3000部のうち観光宣伝用を除く5000部を書店やコンビニ、通販サイト・アマゾンで販売する。B5判オールカラー156ページ。税込み770円。
(記事全文は20日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)