鈴かけ馬踊る御朱印帳 鹿児島神宮

(2020/03/22 23:00)
鈴かけ馬と鯛車をあしらった新しい御朱印帳を手にするみこさん=霧島市隼人の鹿児島神宮
 ピンク地の表紙の上で、初午(はつうま)祭の花飾りをつけた鈴かけ馬が踊る。従来のイメージを覆すかわいらしいデザインの御朱印帳が、霧島市の鹿児島神宮に登場した。権禰宜(ごんねぎ)の宮内伸広さんは「この色のように、早く世間が明るくいい方向になってくれれば」と願いを託す。
(記事全文は23日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)