鹿屋体大卒業生をSNSで激励 式中止、祝いの言葉続々

(2020/03/25 20:00)
隈崎和代さん(左端)からメッセージが印刷されたパネルを受け取る卒業生=鹿屋市の鹿屋体育大学
 「鹿屋市に来てくれて本当にありがとう」「フレッ! フレッ! 卒業生っ!」。新型コロナウイルス感染拡大の影響で卒業式が中止となった鹿屋体育大学生に向け、フェイスブック(FB)上にメッセージが集まっている。23日までに市内外の100人近くから寄せられ、学生たちの門出にエールを送る。
 フェイスブックの「みんなで卒業を祝おうプロジェクト」で、同市西原1丁目の保育教諭隈崎和代さん(48)が立ち上げた。体大の学園祭でマルシェを開くなど学生と交流があり、式にも参加する予定だった。
 17日の中止発表を知り、「鹿屋で過ごしてくれた学生たちに、何か心に残ることをしたかった」。21日から専用ページでメッセージを募った。
 メッセージは31日まで募集する。閲覧自由。
(記事全文は26日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)