新型コロナ鹿児島県内初確認 商業施設や企業、感染防止へ対策徹底

(2020/03/28 11:00)
新型コロナウイルスの感染者を想定して訓練する従業員ら=鹿児島市の城山ホテル鹿児島
 鹿児島県内で新型コロナウイルスの感染者が初確認されてから一夜明けた27日、不特定多数が訪れる県内の商業施設や企業は、これまで進めてきた防疫対策を再確認した。ホテルでは対策訓練があり、全従業員に健康管理の徹底を改めて通達する企業も。危機感を強めつつ冷静な対応が目立った。
 城山ホテル鹿児島(鹿児島市)は同日、内部の危機管理レベルを1段階上げ、パン売り場や宴会場の利用客にも体温測定を始めた。予定していた感染者対策訓練も実施。熱がある客は客室で聞き取りし、保健所に連絡する流れを確認した。フロントやレストランでの発生、外国人客の感染といったさまざまな想定で繰り返した。
(記事全文は28日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)