新型コロナ鹿児島県初感染 濃厚接触男性は陰性 14日間、自宅待機

(2020/03/28 00:20)
感染した女性の濃厚接触者である男性らの検査結果を説明する三反園訓知事=鹿児島県庁
 鹿児島県は27日、県内で初めて新型コロナウイルス感染が確認された英国在住の40代会社役員女性と行動していた姶良市の30代男性会社員と、その両親のPCR検査の結果が陰性だったと明らかにした。3人とも発熱やせきなどの症状はない。男性は自宅待機し、14日後に再検査する。両親も健康観察を続ける。
 感染が確認された女性の濃厚接触者は男性会社員1人。男性宅と同じ敷地に住む両親は男性と濃厚な接触があり、母親は食事を運ぶなど女性とも接触があった。会見した三反園訓知事は「万全を期すため検査した」と説明した。男性は女性との接触後に姶良市の会社に出勤しているが、検査結果が陰性だったため、勤め先の従業員の検査はしないという。
(記事全文は28日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)