川内川花火大会が初の中止

(2020/05/21 06:30)
南日本新聞ニュース
 薩摩川内市は20日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、毎年8月16日に開催する「川内川花火大会」(川内商工会議所主催)の中止を発表した。1959年に始まって以来、悪天候による延期を除き中止は初めて。同商議所によると、感染の収束時期が見通せないことや、市内経済の現状、協賛の負担軽減などを考慮し、中止を決めた川内川花火大会は川面に降り注ぐ巨大ナイアガラなどが名物。昨年は1万発を打ち上げ、市内外から約8万人が訪れた。