コロナ感染の70代女性退院

鹿児島県内 9人目
(2020/05/21 14:40)
南日本新聞ニュース
 鹿児島県は20日、新型コロナウイルス感染が確認され、県内の感染症指定医療機関に入院していた姶良市の70代パート女性が同日退院したと明らかにした。

 県内で感染が確認された10人のうち、退院は9人目。現在も1人が入院中だが、症状は落ち着いている。国の基準では、症状がなく、24時間おきのPCR検査で連続して2回陰性が確認されると退院できる。

 県によると、女性は4月12日から発熱などの症状があり、18日に感染が判明した。孫の20代女子専門学校生も19日に感染が確認され入院していたが、既に退院した。