かごっま屋台村が一部営業再開 鹿児島市

(2020/05/22 09:00)
営業を再開したかごっまふるさと屋台村。来店者に検温の協力を求めた=21日、鹿児島市中央町
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため4月13日から臨時休業していたかごっまふるさと屋台村(鹿児島市)は21日、営業を一部再開した。

 午後5時の開店と同時に、待ちかねた常連客らが訪れた。早速生ビールや焼酎を注文し「おやっとさあ」と乾杯した。常連という同市照国町の会社員エイリー麻弥さん(34)は「再開を楽しみにしていた。苦しんでいる飲食店、酒造会社、生産者を応援したい」と話した。

 再開は全26店中13店で、3密を避けるため席を半数に減らし、営業時間は午後5時~10時に短縮する。県知事が県境をまたぐ不要不急の移動自粛を求めていることなどを踏まえて、県内在住で2週間以内に県外に旅行していないことを来店の条件とした。施設の出入り口を制限し、住所や体温の確認、手指の消毒を求めた。