集まらなくても議論活発 南さつま・加世田中オンライン生徒総会

(2020/05/24 22:00)
教室で議案をモニターに映し出す生徒=南さつま市の加世田中学校
 南さつま市の加世田中学校で15日、オンラインによる生徒総会があった。新型コロナウイルスの感染予防に伴う措置。放送やテレビ会議システムを活用して、生徒会が教室の生徒と活発に議論した。

 生徒会役員は放送室からアナウンスで議事を進行。各教室では、進行係の生徒がパソコンを操作してテレビモニターに議案を映し出し、自席に着いた生徒たちへ指し示した。

 採決で議案が承認されると、進行係が各学年ごとに教室の外で待機する中継係の生徒へ知らせた。中継係はテレビ会議システムで放送室と交信して承認されたことを報告したほか、教室で出た生徒の質問や意見を伝えた。

 密集回避で全生徒が集合しなくても可能な仕組みを考えた。3年の山口奏大さん(14)は「いつもの総会と異なり違和感はあったけど、充実した議論ができた」。生徒会長の宮路さくらさん(14)は「コロナのような事態にも対応できることを示せた。後輩たちに受け継いでほしい」と話した。
放送室から議事進行する生徒会役員ら=南さつま市の加世田中学校

質問を放送室へ中継する生徒たち=南さつま市の加世田中学校