飲食店持ち帰りサイト開設で支援 霧島のウェブ制作会社

(2020/05/26 22:00)
「霧島たくめし」のサイト制作に関わったブレイブのスタッフ=霧島市隼人
 霧島市隼人のウェブ制作会社「ブレイブ」が、市内の飲食店の持ち帰りや出前情報を集めたサイト「霧島たくめしプロジェクト」を始めた。登録は無料。

 スタッフが行きつけの店で「新型コロナウイルス対策でテークアウトに力を入れ始めたが、集客に困っている」と聞いたのがきっかけ。

 本業では地元企業のホームページ制作を請け負っている。シンプルで受け入れられやすいデザインをはじめ、エリアやジャンルでの検索のしやすさにも力を入れた。

 1日に10店舗で開設し、25日現在、43店舗に増えた。サイト内のフォームから登録する。制作に関わった津曲慶裕(よしひろ)さん(39)、清水大将(だいすけ)さん(38)は「サイトを見て注文があった、助かった、と喜んでもらうとうれしい」と声を弾ませる。