鹿児島発着の高速バス減便を延長 6月30日まで

(2020/05/27 20:00)
南日本新聞ニュース
 鹿児島発着の都市間高速バスを共同運行するバス各社は26日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う減便や運休の大部分を、6月30日まで継続すると発表した。福岡線「桜島号」は平日、土日祝日とも10往復運行を維持。宮崎線「はまゆう号」は全便運休を続ける。運休中の熊本線「きりしま号」のみ、6月1日から1往復を再開する。このほか鹿児島空港連絡バスは、鹿児島市内発着の28往復を維持し、谷山発着(帖佐経由)の全便運休を続ける。