肥薩おれんじ鉄道、6月から通常運行 

(2020/05/28 13:00)
南日本新聞ニュース
 肥薩おれんじ鉄道(熊本県八代市)は、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言の解除に伴い、減便していた平日の上下計19本と土日祝日の上下計15本を6月1日から通常通り運行する。出水-川内、出水-八代など土日祝日に運行していた快速列車の上下計8本も復活する。

 利用者にはマスク着用を呼び掛ける。運行状況は同社ホームページで確認できる。観光列車「おれんじ食堂」は現在車両点検に入っており、再開は7月末以降の予定。