ゾウコンニャク異臭放って開花 指宿・フラワーパーク

(2020/05/28 23:00)
開花して異臭を放つゾウコンニャク=27日、指宿市のフラワーパークかごしま
 指宿市山川のフラワーパークかごしまで27日、独特の異臭で知られるゾウコンニャクが開花した。エントランスに置かれ、来園者を出迎えている。

 東南アジアなどに自生するコンニャクの仲間。花びらは赤紫色で、虫を呼び寄せるため雌花の一部から、生臭いにおいを放つ。

 4~5日で花はしおれ、異臭も日に日に収まるという。今年は新型コロナウイルス対策で、エントランスのドアを開放しており、臭いのこもり加減はいまひとつ。

 園内では香り豊かなバラが花を付け、バニラの匂いがするデュランタタカラヅカなどの「青い花祭り」を開催中。イベント・広報担当の川原秋徳さん(38)は「花の香りはいろいろ。においの違いも楽しんで」とPRしている。