夫婦二人三脚、アジサイ園340種2700株見頃 宮崎県高原町

(2020/06/05 20:45)
高原清男、絹代さん夫婦が手入れを続け、一般開放している「こうはらあじさい園」=5月30日、宮崎県高原町広原
 宮崎県高原町広原の高原清男さん(69)絹代さん(68)夫婦の「こうはらあじさい園」は1日、一般開放を始めた。ヤマアジサイや西洋アジサイなど約340種2700株が順次見頃を迎える。25日まで。

 19年前、子どもから贈られたアジサイに魅了され、自宅庭に植栽したのがきっかけ。国内外から珍しい品種を取り寄せ、二人三脚で育ててきた。株数も増えたため隣接地を借り受け、栽培面積は約5000平方メートルになった。

 8年前から開放、昨年は南大隅町や南さつま市など九州各地から約2500人が訪れた。今年は駐車場を広げて37台まで止められるようにし、新型コロナウイルス対策も施した。清男さんは「みんなの協力のおかげ。日ごとに表情を変えるアジサイを楽しんで」。

 午前9時~午後5時。無料。車いすも入れる約800メートルの散策道路や屋根付きの休憩所を設ける。トイレはない。高原さん=090(9077)2371