幸せ呼ぶ青いハチ飛来 鹿屋・陶芸の里あすか

(2020/06/28 21:00)
ニンジンボクの花の蜜を集めるルリモンハナバチ=鹿屋市花岡町の陶芸の里あすか
 鹿屋市花岡町の「陶芸の里あすか」に、体が青色のルリモンハナバチが姿を見せている。

 「ブルービー」の愛称で親しまれ、幸せを呼ぶといわれる。代表の桑原武満さん(68)は数年前から、近くのフラワーガーデン「ダマスクの風」で見たブルービーを描いたカップや皿を制作している。

 晴天に恵まれた6月22日は、ニンジンボクの花の周りを2、3匹が忙しく飛び回っていた。桑原さんは「ニンジンボクは前から植えていたが、ここで姿を見たのは初めて。器を見に来たのかな」。共に切り盛りする妻洋子さん(70)は「新型コロナで大変だけど、これから幸せが来るかも」と期待した。