30日大雨恐れ 鹿児島県本土、種子屋久

(2020/06/29 23:00)
南日本新聞ニュース
 梅雨前線の影響で、鹿児島県本土と種子島・屋久島地方は30日にかけて大雨になる恐れがある。鹿児島地方気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けている。

 30日は対馬海峡付近から九州南部付近まで前線がゆっくりと南下する見込み。薩摩地方と種子島・屋久島地方は昼前まで、大隅地方は昼すぎまで非常に激しい雨が降る恐れがある。30日午後6時までの24時間予想雨量は、県本土と種子島・屋久島地方で200ミリ。

 27日から28日午前にかけての大雨で路肩に陥没が発生し、上下線で通行止めが続くさつま町泊野の地域高規格道路「北薩横断道路」のさつま泊野インターチェンジ(IC)-きららIC間は、29日現在も復旧のめどが立っていない。