新型コロナ 10歳未満の小学生、県内初感染 10日、新たに8人確認  鹿児島県内計132人

(2020/07/11 10:30)
 鹿児島県と鹿児島市は10日、新型コロナウイルスの感染者計8人を確認したと発表した。うち同市天文館のショーパブ「NEW おだまLee男爵」で発生したクラスター(感染者集団)関連は3人で、枕崎市では10歳未満の男子小学生の感染が判明した。県内で10歳未満の感染は初めて。これまでに県内で確認された感染者は132人、クラスターは105人となった。

 県が確認したクラスター関連の感染者は枕崎市の10歳未満男児と、同居する親族の10代女性の2人。10代女性は4日に陽性が判明した別の10代女性の学校関係者。5日にPCR検査を受け陰性だったが、体調が回復せず9日に再度検査を受けた。県は9日に公表した同市の1人もクラスター関連に追加した。

 県の発表を受けて枕崎市は、男児が通う小学校を13日まで臨時休校にする。男児は今週は登校しておらず、校内に濃厚接触者はいないという。同校は念のため休校中に校内を消毒する。校長は「感染した児童に非はない。休校明けには校内放送で思いやりの大切さを話したい」と話した。

 県はクラスター以外で、指宿市の50代男性の感染も確認した。感染経路は分かっていない。

 鹿児島市が感染を確認したのは5人。クラスター関連の1人は20代女性で、6月26日に店を訪れ感染した男性と接触していた。

 クラスター以外の4人は、30代男女と50代男性2人。30代男性は福岡県への移動歴がある。他の3人は同市が7月6日に公表した50代男性に連なることが分かった。この男性関連の感染者は5人。同市は感染経路などを調査中。

 これまでに同市が確認した感染者は90人で市在住86人、クラスター関連72人となった。

 県内では9日時点で64人が医療機関に入院し、43人が宿泊施設に滞在、6人が自宅待機している。

■伊集院高の濃厚接触者陰性
 日置市の伊集院高校は10日までに、新型コロナウイルス感染が確認された女子生徒の濃厚接触者としてPCR検査を受けた全員の陰性が確認されたと公表した。感染発生と大雨被害によるJR運休の影響で臨時休校している学校は13日に再開する方針。