塩田氏に当選証書付与 「まずはコロナや災害対応に取り組む」

(2020/07/15 23:00)
当選証書を受け取る塩田康一さん=県庁
当選証書を受け取る塩田康一さん=県庁
 12日投開票があった鹿児島県知事選で初当選した塩田康一氏(54)への当選証書付与式が15日、県庁であった。県選挙管理委員会の松下良成委員長が当選証書を塩田氏に手渡した。任期は28日から2024年7月27日まで。

 式終了後、塩田氏は「これからしっかりと県民のために働いていこうと、思いを新たにした。まずはコロナ対策や災害対応に取り組む」と抱負を語った。

 県民が新知事に求めていることは何かと問われ、「今回の選挙は現職批判も強かった。公約を守り、説明責任を果たすことや、経済振興などだろう」と答えた。延期が決まった鹿児島国体については「県民にとって大きな夢や希望。(いつ開催かを)早く決めたい」と話した。