鹿児島大、21年度入試の2次試験で追試実施へ 新型コロナ受け

(2020/08/01 13:00)
南日本新聞ニュース
 新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえ、鹿児島大学は31日、2021年度の入学者選抜について追試験を実施すると発表した。コロナ感染などにより、前期と後期日程の2次試験を受けられなかった受験生が対象。21年3月22日以降で、合格発表は同26日以降の見通し。

 文部科学省の方針や国立大学協会の実施要領を受けた措置。7月31日に同省大学入試室に報告した。現時点では出題範囲の縮小はしない考え。通常の試験は前期が2月25日。教育学部と歯学部、医学部医学科は25、26の両日実施する。後期は3月12日で例年とほぼ同時期となっている。

 鹿大は20年度も、2次試験の受験生がコロナに感染して試験を受けられなかった場合、一部の学部で特例措置を取ることにしていたが、対象者はいなかった。詳細は9月以降に決定し、それぞれ募集要項で公表予定。入試課=099(285)7355(平日)。