閉鎖海水浴場での園児水難事故 「絶対に泳がないで」 鹿児島海保が注意呼び掛け

(2020/08/04 11:00)
磯海水浴場をパトロールする鹿児島海上保安部の職員=1日、鹿児島市
磯海水浴場をパトロールする鹿児島海上保安部の職員=1日、鹿児島市
 鹿児島海上保安部は、新型コロナウイルス感染予防で閉鎖されている海水浴場をパトロールしている。閉鎖海水浴場は、監視員がいない上、ロープなどによる海域の区切りもないため、事故が起きれば発見・救助が遅れる。「絶対に泳がないで」と注意を呼び掛けている。

 閉鎖されていた西之表市住吉のよきの海水浴場で2日、園児(4)が沖合約20メートルで溺れて死亡した。浅瀬で浮輪を着けて遊んでいたところ、母親が目を離した隙に流されたとみられる。

 同保安部の杉山陽一次長は、浜辺で子どもが遊ぶときでも救命胴衣を着せ、目を離さないよう求める。

 同保安部は8月中旬ごろまで、土日祝日を中心に管内の閉鎖海水浴場を巡回。1、2日は磯海水浴場(鹿児島市)と重富海水浴場(姶良市)などを見て回り、遊泳中の来場者に浜に上がるよう注意した。

 県内の閉鎖海水浴場は次の通り(1日現在)。
 鹿児島市 磯、西道、生見、レインボービーチ▽日置市 江口浜▽薩摩川内市 西方▽阿久根市 阿久根大島公園▽長島町 あづま、小浜▽姶良市 重富▽垂水市 まさかり▽西之表市 よきの▽屋久島町 一湊、春田浜、栗生