夏を彩る大輪のハス さつま

(2020/08/04 23:00)
見頃を迎えたハスと山崎文久さん=さつま町広瀬
見頃を迎えたハスと山崎文久さん=さつま町広瀬
 さつま町広瀬の国道504号沿いの水田で、ハスの花が見頃を迎えている。近くの農業山崎文久さん(66)が約5000平方メートルで育てる。鮮やかなピンクや白の大輪は、8月いっぱい楽しめそう。

 地域の景観向上につなげようと、2013年から荒れていた田を整備して植え始めた。
 今年は6月上旬から花が開き、多い日には町内外から60人ほどが訪れている。

 花が散った後は、「蓮台(れんだい)」を仏花用に出荷する。山崎さんは「朝は甘い香りも漂う。自由に見てもらって、穏やかな気持ちになってもらえれば」と話す。