時計 2020/08/05 10:30

新型コロナ相談窓口を一元化、24時間受け付け 鹿児島県が6日開設

鹿児島県内の感染状況を説明する地頭所恵・県くらし保健福祉部長(右)=4日、県庁
鹿児島県内の感染状況を説明する地頭所恵・県くらし保健福祉部長(右)=4日、県庁
 鹿児島県は、新型コロナウイルス感染症に関する一元的な相談窓口「コロナ相談かごしま」を6日午前8時半に開設する。

 24時間体制で、電話とファクスを受け付ける。感染した疑いのある人を最寄りの保健所へつなぎ、影響を受けた事業者には支援制度を説明するほか担当部署を案内する。

 県と鹿児島市は2月以降、24カ所の帰国者・接触者相談センターを設け、受診や検査の相談に応じている。7月末までに3万1137件を受け付けたが、保健所業務とは関係のない電話も多く、保健所職員の負担増大が問題となっていた。検査などの相談は、6日以降も引き続き帰国者・接触者相談センターで対応する。

 「コロナ相談かごしま」は電話=099(833)3221、ファクス=同(225)0672。