口永良部島で火山性地震151回 6日午後9時現在 鹿児島

(2020/08/07 08:41)
南日本新聞ニュース
 屋久島町・口永良部島は5日未明以降、火山性地震が多い状態が続き、6日は午後9時までに151回観測した。福岡管区気象台は噴火の可能性が高まっているとして、引き続き火山情報に注意するよう呼び掛けている。

 震源はいずれも新岳火口付近の浅い場所とみられ、体に感じる地震はなかった。5日は火山性地震が225回観測された。

 気象台によると、噴火は5月14日以降、確認されていないが、地下のマグマの蓄積量は噴火警戒レベル5(避難)となった2015年5月の噴火前に匹敵している。

 気象台は噴火警戒レベル3(入山規制)を継続し、火口からおおむね2キロの範囲では、噴火に伴う大きな噴石や火砕流への警戒を呼び掛けている。