馬毛島、滑走路2本新設 防衛省、米軍機訓練の意義強調 鹿児島県と西之表市に基地配置案 秋にもアセス着手 

(2020/08/08 10:00)
矢板俊輔西之表市長らと面会する山本朋広防衛副大臣(手前奥)=西之表市役所
矢板俊輔西之表市長らと面会する山本朋広防衛副大臣(手前奥)=西之表市役所
 防衛省は7日、西之表市馬毛島に計画する自衛隊基地の配置案を公表した。米軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)の移転を想定した滑走路2本を新設、FCLPの必要性を強調した。秋にも環境影響評価(アセスメント)の手続きに入り、早期着工を目指す。工期は4年程度を見込んでおり、早ければ26年度に訓練が始まる可能性がある。基地隊員は150~200人程度を見込む。今月中に地元説明会を開く予定も示した。

 米軍FCLPのほか、将来は陸海空自衛隊による、F35B戦闘機の模擬艦艇発着訓練や陸自輸送機オスプレイ訓練なども想定する。

 同日、山本朋広防衛副大臣が西之表市で八板俊輔市長と、県庁で塩田康一知事と面会し、配置案や計画の見通しを説明した。同日現在の土地取得について、登記済み88%、権利移転を前提とした未登記分を含めれば99%と明らかにした。

 副大臣は中国や北朝鮮の活動活発化を念頭に、「島しょ防衛と日米同盟のために基地は必要」と理解を求めた。八板市長は「不明なところが増えた感がある。内容を精査して、疑問点を申し上げていきたい」と述べた。塩田知事は「具体的な説明に欠けており、もっと議論が必要」と応えた。

 配置案では、滑走路は、北北西-南東向きの主滑走路(2450メートル、幅61メートル)と、北東-南西向き副滑走路(1830メートル、幅46メートル)。前地権者が伐採した方向とは異なる角度で、「可能な限り飛行経路の影響を周辺に与えない向き」としている。

 滑走路周辺には管制塔や隊舎、燃料施設を整備。島東部沿いに港湾施設、工事用仮設桟橋、北西部に警備のための火薬庫などを配置する。隊員は種子島から通勤する予定。
馬毛島
馬毛島


 米軍のFCLPは年に1、2回を予定。1回あたり10日間、日中から深夜に行う。米軍は1カ月ほど滞在し、原則、馬毛島の隊舎で宿泊するとした。

 環境アセスでは騒音などについて予測評価を行う。期間について同省は「年単位だが見通せない」としているものの、関係者によると2年程度との見方が強い。